プロミス審査甘い

\プロミスで今すぐ借りるなら/

トップページ > 山形県

山形県プロミスをお探しの方へ。山形県にあるお近くのプロミスの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておくのが最短の借り方です。

「早く借りたい」「バレずに借りたい」ならプロミスでのWEB完結申込がおすすめです。

プロミスの<3つ>の特徴

■郵送物なしでバレない!

スマホなどWEB申込で口座振替による返済であれば、郵便物なしで借入できます。 口コミでは、郵便物で家族にバレてしまったという声がとても多いので、誰にもバレずにプロミスで借りたい人におすすめです。

■即日審査・即日融資OK!

プロミスの魅力はなんといっても審査の早さ!審査結果は最短30分で回答、WEB契約で口座振替による返済を選択すればOK。瞬フリサービス※では、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングを利用できますよ。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録が必要です。

■カードなしキャッシング!

プロミスならカードなしでの借入も可能です。カードレスのメリットは余計な手間やカード郵送の時間ロスがないこと。 さらに、家族や友達にお財布の中のローンカードが見つかってキャッシングしてるのがバレるのを回避できるという嬉しいポイントも。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

スマホ申込で即日融資も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • 即日融資OK!
  • 振込キャッシング対応!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。 審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。パートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【WEB完結で来店不要!】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みから融資まで全て完結できます!必要書類の運転免許証はカメラで撮ってアプリからUPすればカンタンです。

プロミスの借り方まとめ

結論!「バレずに」「なるべく早く」キャッシングするならプロミスWEB完結申込がおすすめです!業界最大手という業者としての信頼性はもちろんのこと、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。プロミスなら今すぐスマホから申込できます!

山形県の方向けプロミスQ&A

「誰でも私でも借りれる?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「急ぎなので即日融資できる?」

今すぐお金を借りたいという人におすすめのプロミスなのですが、初めてだとわからないことも沢山ありますよね? こちらのQ&Aでは、プロミスに関するよくある質問と答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいませ。

Q.コンビニでも借入返済できますか?

A.プロミス提携先金融機関のATMが設置されているコンビニであればできます。

一例を挙げますと、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料ですし、セブン銀行のATMではカードなしでスマホアプリのみで融資・返済も可能です。 手数料は必要ですがローソンやコンビニATMのEnetのほか、ゆうちょや大手銀行などでも可能となっています。

Q.プロミスはパートやアルバイト、契約社員など正社員じゃなくても契約できますか?

A.はい、できます!

プロミスの契約条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方」となっています。また、公式サイトでも、

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

とちゃんと表記されていますので、プロミスの審査に通ることができればしっかりと融資してもらえますよ。

Q.プロミスの審査では電話はかかってくる?職場への在籍確認の電話をなしにするのは無理?

A.プロミスの審査では在籍確認が必ずあります。

プロミスでカードローンの審査申し込みをしたら必ず在籍確認が行われます。申込者の審査時の申請で記入した会社が本当に存在するか、またその会社に在籍しているのかどうかの確認の為です。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?スマホ申込の場合はどうやって提出する?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みで、希望借入額が50万円以下であれば必要書類は運転免許証のみでOKです! スマホからの申し込みの場合はアプリで、契約時に必要な本人確認書類や収入証明書類を提出できますよ。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの案内を添付しておりますのでぜひ参考にして下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

プロミスの基礎知識コラム

借金の際にクレカのサービスを用いたことがある方は非常に多勢であると考えられるでしょうが、きちんと計画を練った上で借金をしたつもりなのに返さなくてはならない金額を持ちあわせておらずに支払いが難しくなってしまうという場合もあるかも知れません。にっちもさっちもいかないというような状況でしたら、リボルビング払いを使っていくことによってとりあえず少額の返済で済ませることも出来たりします。このままだと返済が滞ってしまうというような場合は、リボ払いを利用して負担を減らしていきましょう。私がお金に困ったのは会社で昇格したときです。給料はあまり上がらず部下が増え、飲食費に出費を重ねていったところ、自分はそんなに遊んでいないのに、自分の支払いのほうで困るようになっていました。現金のかわりに審査が甘いクレジットカードで払えば違ったかもと思い、ふと見ると、リボ払いのキャッシングが使えるんです。本当に助かりました。手取りの倍以上の額が借りられる上、ATM感覚でお金をおろす(借りる)ことができますし、月々いくらかに分けて返済していけば良いのです。でも、便利に使っていたら、いきなり慶長費用も必要だったりして、早々とキャッシングの上限金額まで使い切ってしまいました。申込者の個人情報やローンの利用残高、返済履歴で、カードローンの借入限度額が変わってきます。いくらまで借りられるのかは審査会社によって変わってきますが、ほぼ一緒だと考えてもいいと思います。真っ当な金融機関では、審査方法自体がほぼ一緒の方式で実施しているからです。そのため、ある業者で審査が通らず借入ができなかった場合は、別の業者での審査も厳しいものとなるでしょう。ここのところ、銀行で借り入れる人が、増加しています。銀行即日カードローンは、低金利で首が回らなくならないで済みます。加えて最高借入限度額が高いので、汎用性があってとても利用しやすいのです。総量規制を気にしなくていいので制度上から見てもかなり借入しやすくなっていますカード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは実際にはそれほど多くないのです。昔の経験で話している人が多いので、間違った認識があるのでしょう。審査は金融業者によって異なりますが、一般的には免許証やパスポートのように写真付きの公的証明書や健康保険証などがあれば充分でしょう。それらの書類がない場合にも、保険証や給料明細などで柔軟に対応してもらえるようです。つまり、借りるのはとても簡単なのです。しかしそのあとは返済が始まるのですから、気持ちの良い利用ができるかどうかは、お金を手にする前の心がけ次第とも言えます。収入と支出について一番よく理解しているのは自分自身です。どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大事なのではないでしょうか。日常生活ではやりくりできていても、急な飲み会の誘いや、イベントごとが重なり、金銭的な余裕がなくなってしまうことがあります。知り合いから融資を受けようとしても、そう簡単なことではありませんし、金銭トラブルに発展してしまうかもしれません。このような時に最適なサービスがキャッシングでしょう。キャッシングなら誰にも迷惑を掛けずにお金を工面できるので、安心感があります。返済の目途が立っているのなら、賢く無人契約機でのキャッシングを使ってみてはいかがでしょうか。世間一般でよく聞くキャッシングで不払いをしたら差し押さえに遭うというのは実際にあることなのでしょうか。実際に私もキャッシングの利用をしたことがあり、何回か滞納をしてしまったことがありますが、差し押さえになってしまった事はたったの一回もありはしませんでした。繰り返し滞納をしたら差し押さえされるかもしれません。スピーディーな審査でアピールしているカードローンが豊富ですが、そうしたカードローンにも関わらず状況次第では次の日まで審査が続くこともままあります。それは求める額が高額な場合、勤め先に在籍の確認が取れなかった場合が多いでしょう。希望額に関しては致し方ないこともあるでしょうが、後者なのであれば電話のみで在籍の確認を行う業者じゃなしに、書類送付でも受け付けている業者にしたら、審査に手間取る時間を減らせます。キャッシングをする場合、それぞれの金融機関によって利率が違います。あわせて、今現在借りたい金額によっても利率という物は違ってきます。出費が多く重なり、現金が急に必要になった場合、出来るだけお得な低利息を希望するなら、今の現状から見て、必要額はいったいどのぐらいなのか?しっかりと考え、頭を整理しきちんと把握したうえで金融機関とサービス内容も合わせて色々と比較することが最善策だと思います。消費者金融によっても審査基準には相違がありますが、大きな中小の消費者金融であればそれほど大きな違いはないといえます。大きな差があるのは中小規模の消費者金融です。大きな消費者金融よりも審査基準を厳しくするとわざわざ中小の中小の消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。

山形県プロミスお役立ち情報

\今すぐ借りるならプロミス/

山形県で今すぐお金借りるなら↓