プロミス審査甘い

\プロミスで今すぐ借りるなら/

トップページ > 島根県

島根県プロミスをお探しの方へ。島根県にあるお近くのプロミスの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておくのが最短の借り方です。

「早く借りたい」「バレずに借りたい」ならプロミスでのWEB完結申込がおすすめです。

プロミスの<3つ>の特徴

■郵送物なしでバレない!

スマホなどWEB申込で口座振替による返済であれば、郵便物なしで借入できます。 口コミでは、郵便物で家族にバレてしまったという声がとても多いので、誰にもバレずにプロミスで借りたい人におすすめです。

■即日審査・即日融資OK!

プロミスの魅力はなんといっても審査の早さ!審査結果は最短30分で回答、WEB契約で口座振替による返済を選択すればOK。瞬フリサービス※では、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングを利用できますよ。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録が必要です。

■カードなしキャッシング!

プロミスならカードなしでの借入も可能です。カードレスのメリットは余計な手間やカード郵送の時間ロスがないこと。 さらに、家族や友達にお財布の中のローンカードが見つかってキャッシングしてるのがバレるのを回避できるという嬉しいポイントも。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

スマホ申込で即日融資も可能!
評価限度額実質年率
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • 即日融資OK!
  • 振込キャッシング対応!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。 審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。パートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【WEB完結で来店不要!】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みから融資まで全て完結できます!必要書類の運転免許証はカメラで撮ってアプリからUPすればカンタンです。

プロミスの借り方まとめ

結論!「バレずに」「なるべく早く」キャッシングするならプロミスWEB完結申込がおすすめです!業界最大手という業者としての信頼性はもちろんのこと、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。プロミスなら今すぐスマホから申込できます!

島根県の方向けプロミスQ&A

「誰でも私でも借りれる?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「急ぎなので即日融資できる?」

今すぐお金を借りたいという人におすすめのプロミスなのですが、初めてだとわからないことも沢山ありますよね? こちらのQ&Aでは、プロミスに関するよくある質問と答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいませ。

Q.コンビニでも借入返済できますか?

A.プロミス提携先金融機関のATMが設置されているコンビニであればできます。

一例を挙げますと、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料ですし、セブン銀行のATMではカードなしでスマホアプリのみで融資・返済も可能です。 手数料は必要ですがローソンやコンビニATMのEnetのほか、ゆうちょや大手銀行などでも可能となっています。

Q.プロミスはパートやアルバイト、契約社員など正社員じゃなくても契約できますか?

A.はい、できます!

プロミスの契約条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方」となっています。また、公式サイトでも、

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

とちゃんと表記されていますので、プロミスの審査に通ることができればしっかりと融資してもらえますよ。

Q.プロミスの審査では電話はかかってくる?職場への在籍確認の電話をなしにするのは無理?

A.プロミスの審査では在籍確認が必ずあります。

プロミスでカードローンの審査申し込みをしたら必ず在籍確認が行われます。申込者の審査時の申請で記入した会社が本当に存在するか、またその会社に在籍しているのかどうかの確認の為です。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?スマホ申込の場合はどうやって提出する?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みで、希望借入額が50万円以下であれば必要書類は運転免許証のみでOKです! スマホからの申し込みの場合はアプリで、契約時に必要な本人確認書類や収入証明書類を提出できますよ。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの案内を添付しておりますのでぜひ参考にして下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

プロミスの基礎知識コラム

消費者金融ごとに評価基準は違いますが、CMをしているような消費者金融だとあまり大きな隔たりはないといえます。大違いが出てくるのは規模の小さな消費者金融です。大きな消費者金融よりも審査基準を厳しくするとわざわざ中小の消費者金融から借入するような事はしません。電話やネットで申し込め、即日融資に対応している無人契約機でのキャッシングはとても利便性が高いです。一般的に、キャッシングの際にはカードが必要になりますが、郵送で送られてくる方法のほか、店舗まで行って入手できます。このカードを使えば、業者によっては提携したコンビニや銀行のATMにも対応されるようになり、キャッシング可能なATMが多くなるので、キャッシングを便利に使うには、カードが必需品になります。インターネットが身近な存在となってからはパソコンやスマホからも借り入れできるので、誰でもお手軽に利用することができるようになりました。また、条件としてキャッシング可能であるのは最低でも18歳以上できちんと定職に就いていて、かつ安定した収入があると認められた人となります。無人契約機でのキャッシングに関して、必要となる利子は会社ごとで違いがあるということはご存知でしょうか。なるべくなら、低金利の無人契約機でのキャッシング会社を探すことが重要なポイントとなってくるでしょう。融資というのは銀行などの中小の消費者金融からある定められた小額のお金を貸し付けてもらうことを指します。一般的に金融機関からお金を借りる場合にはいくつか条件があったり、何かあった場合の保証金を用意したり、連帯保証人を立てる必要があります。ただしキャッシングの場合は融資とは異なり、保証人を用意したり担保を準備することなく気軽にお金を借りられます。本人確認できる書類があり、審査基準に通れば誰でも、通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。よくあるキャッシングの疑問に、何歳から利用が可能なのかという問題があります。いまキャッシングを使っていても答えに詰まるという人もいるでしょう。正しくは多くの金融機関は20歳以上となっています。ですから、20歳未満の方が使うことはできません。即日カードローンに限らず、現金の貸し借りにはしっかりとした制限があります。具体的には、クレジットカードにキャッシング枠を設けて現金を借りる方法も、20歳から利用可能になります。キャッシング枠のついていないクレジットカードであれば、大学生でも社会人でも18歳以上なら申し込みができます。しかし、無人契約機でのキャッシング枠を付帯できるのは20歳を超えた方だけになっています。法改正により、新たな貸金業法が2010年6月に完全施行されました。そのため、それ以前に高金利でキャッシングしていたという人は、過払い金の確認をおススメします。法改正以前の無人契約機でのキャッシング業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。そこでの無人契約機でのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。年利が20%を超えていたのなら、過払い状態になっています。過払い金は、請求することでお金が戻ってくるかもしれません。しかし、完済後10年という期限があるので、これらの条件にあてはまる可能性がある人は急いだ方が良いかもしれません。無人契約機でのキャッシングは便利なものですが、ひとたび返済を滞らせると裁判所の差し押さえを受けることもあるので注意が必要です。この場合、預金口座や給料が主な差し押さえ対象になりますが、給料なら最大で4分の1、つまり20万円の給料なら5万円までが差し押さえ対象になります。あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、差し押さえが年金の振込先の口座に及んだ場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないことすらあります。そんなことになって慌てないためにも、無人契約機でのキャッシングは計画的に利用するようにしましょう。ローン返済に窮してたとえ1回でも債務整理をしてしまうとカードローンは一切利用できなくなります(ごく一部の例外はあります)。 これは借金返済を放棄したと信用情報に記録されているからで、信用情報にこの情報がある間はその他の貸付契約も全部ご利用できません。この信用情報の保管は少なくても5年間ですから、再びカードローンや貸付契約をするには、必要な日数が過ぎ行くのを何もせずに待つのが最良の方法です。一般的に、キャッシングには系列企業の銀行が親会社になって取り扱っている商品とノンバンクと言われる信販会社、消費者金融のサービスに分けられます。一般的に銀行系と呼ばれる銀行のキャッシングサービスは、総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことで、審査さえ通れば無収入の主婦の方でも融資を受けることができるのです。ノンバンク系のキャッシングはと言うと、なによりも業者の数が多いことが挙げられます。短期間の貸付であれば無利息のサービスもあるため、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。何度かキャッシングを経験して慣れてくると、つい気が緩みがちになります。ですが、返済期日を忘れ、返済金を払いそびれるようなことはNGです。これをしてしまうと、信用情報機関に事故歴として記録されてしまい、その業者だけでなく、あらゆる金融機関とのローン契約に障害になることがあるのです。無担保で保証人なしでお金を貸してくれるサービスがキャッシングです。つまり、信用に値すると判断されているのです。ですから、その信用を損なうような行為は控えてください。

島根県プロミスお役立ち情報

\今すぐ借りるならプロミス/

島根県で今すぐお金借りるなら↓