プロミス審査甘い

\プロミスで今すぐ借りるなら/

トップページ > 鹿児島県

鹿児島県プロミスをお探しの方へ。鹿児島県にあるお近くのプロミスの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておくのが最短の借り方です。

「早く借りたい」「バレずに借りたい」ならプロミスでのWEB完結申込がおすすめです。

プロミスの<3つ>の特徴

■郵送物なしでバレない!

スマホなどWEB申込で口座振替による返済であれば、郵便物なしで借入できます。 口コミでは、郵便物で家族にバレてしまったという声がとても多いので、誰にもバレずにプロミスで借りたい人におすすめです。

■即日審査・即日融資OK!

プロミスの魅力はなんといっても審査の早さ!審査結果は最短30分で回答、WEB契約で口座振替による返済を選択すればOK。 瞬フリサービスでは、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングを利用できますよ。

■カードなしキャッシング!

プロミスならカードなしでの借入も可能です。カードレスのメリットは余計な手間やカード郵送の時間ロスがないこと。 さらに、家族や友達にお財布の中のローンカードが見つかってキャッシングしてるのがバレるのを回避できるという嬉しいポイントも。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

スマホ申込で即日融資も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • 即日融資OK!
  • 振込キャッシング対応!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。 審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。パートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【WEB完結で来店不要!】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みから融資まで全て完結できます!必要書類の運転免許証はカメラで撮ってアプリからUPすればカンタンです。

プロミスの借り方まとめ

結論!「バレずに」「なるべく早く」キャッシングするならプロミスWEB完結申込がおすすめです!業界最大手という業者としての信頼性はもちろんのこと、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。プロミスなら今すぐスマホから申込できます!

鹿児島県の方向けプロミスQ&A

「誰でも私でも借りれる?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「急ぎなので即日融資できる?」

今すぐお金を借りたいという人におすすめのプロミスなのですが、初めてだとわからないことも沢山ありますよね? こちらのQ&Aでは、プロミスに関するよくある質問と答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいませ。

Q.コンビニでも借入返済できますか?

A.プロミス提携先金融機関のATMが設置されているコンビニであればできます。

一例を挙げますと、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料ですし、セブン銀行のATMではカードなしでスマホアプリのみで融資・返済も可能です。 手数料は必要ですがローソンやコンビニATMのEnetのほか、ゆうちょや大手銀行などでも可能となっています。

Q.プロミスはパートやアルバイト、契約社員など正社員じゃなくても契約できますか?

A.はい、できます!

プロミスの契約条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方」となっています。また、公式サイトでも、

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

とちゃんと表記されていますので、プロミスの審査に通ることができればしっかりと融資してもらえますよ。

Q.プロミスの審査では電話はかかってくる?職場への在籍確認の電話をなしにするのは無理?

A.プロミスの審査では在籍確認が必ずあります。

プロミスでカードローンの審査申し込みをしたら必ず在籍確認が行われます。申込者の審査時の申請で記入した会社が本当に存在するか、またその会社に在籍しているのかどうかの確認の為です。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?スマホ申込の場合はどうやって提出する?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みで、希望借入額が50万円以下であれば必要書類は運転免許証のみでOKです! スマホからの申し込みの場合はアプリで、契約時に必要な本人確認書類や収入証明書類を提出できますよ。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの案内を添付しておりますのでぜひ参考にして下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

プロミスの基礎知識コラム

もしも自営業の人がお金に困ってカードローンを利用する際、雇用契約を結んでいる人と異なり、一定の稼ぎがあるとは評価しにくいため、希望の額がいくらであっても、年収を証明する資料提出が無くてはいけません。これは税務署での提出印がある確定申告書や所得証明書のほかに、課税証明書や住民税の決定通知書などの、前の年の収入が記されている資料に限定されます。無人契約機でのキャッシングの手軽さに借り過ぎてしまうこともありますが、注意が必要です。借金が複数ある状態の多重債務というものになってしまうでしょう。というのも、一つの金融機関から融資を受けられる金額って決まった限度額がありますよね。それゆえ、返済日になれば、お金を返済するために別の金融機関なりから調達してこないといけません。これを重ねることにより、もうあなたは多重債務者です。ちょっと苦しいなと思うときに限って海外旅行に行こうといわれるなんてこともありがちなことですね。一般人ならば、海外旅行なんて頻繁に行けるケースは少ないでしょうし、行けるときには行きたいものです。それなら無人契約機でのキャッシングの利用も検討しましょう。今までキャッシングでお金を借りたことがない人だと、30日間金利なしのプランを用意している中小の消費者金融もあります。借金って、けっこう人の印象を左右してしまうものです。なかでもキャッシングは、家族や親に知られたくないという人が多いようです。誰にも知られずにお金を借りるなら、『WEB完結』サービスはぜったいオススメです。「WEB申込」ではなく「WEB完結」というのが肝心なんです。ネットだけで手続きが完結するので、月々の利用明細の自宅送付もないのです。融資されたお金は自分の口座に振り込まれるので、お財布の中に金融業者のカードを入れておく必要もないのです。やや前まではキャッシングをお願いする際に1万円からという設定の会社が大部分でした。しかし近頃では千円毎の申し込みができる会社も増加してもしスタートの借り入れ金額が1万円であったにせよATMで出金する場合、千円毎でも可能としている会社もあります。借入金を返す方法にはたくさんの方法がありますが、店頭での支払い以外に口座から自動的に引き落としてもらう方法、銀行振り込みを使用する方法、金融会社やコンビニのATMでも振込みをすることができます。一般的ではない方法では現金書留でも支払うことが可能ですが、最もよく使われる方法は現金自動預け払い機から支払う方法です。一言で無人契約機でのキャッシングと言っても簡単に借りられないキャッシングと気軽に借りられるキャッシングが存在します。どちらにしても借りるとするなら借りやすい方がいいですよね。どういった所が手軽に借りられるかというのは全てをひっくるめては言えません。最近では大手銀行のカードローンであっても手軽に借りられるようになっています。学生でも何かとお金が必要になることが多いと思います。そんな時に便利なのがキャッシングですが、20歳を超えていなかったり収入がない場合は金融機関のキャッシングサービスは使うことができないでしょう。返済能力の有無が無人契約機でのキャッシングサービスでは最重要視されるためです。とはいえ、アルバイトしていないのにもかかわらず、キャッシングの申込で嘘のバイト先を記入する学生もいます。バイト先に電話してまで確認する業者は、ほとんどありませんし、収入を証明する書類もいらないので、虚偽の内容でも審査が通過しやすいためです。もし、嘘がそのまま通って無人契約機でのキャッシングできるようになったとしても、返済に充てる資金もないのにお金を借りてしまえば、後で苦しくなるのは想像に難くないでしょう。無人契約機でのキャッシングの、いわゆるカード一枚でお金が借りられる手軽さは、忙しくバタバタしているときこそ実感できるのではないでしょうか。私はアラサーになる前、やっと正社員の面接に漕ぎ着けたのにも関わらず、スーツやそれに合うコート、小物類を買うお金がまったく出せない(財布に2000円)状況でした。こういうときにキャッシングを使うんだなと思い、夜中にインターネットで手続きして期日ギリギリに間に合い、恥をかかずに済みました。一般的に、キャッシングには大手銀行によるサービスとノンバンクと言われる信販会社、消費者金融のサービスに分けられます。銀行が提携している銀行系のサービスについては、融資の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという総量規制の対象外になりますし、無収入の主婦であっても融資を受けることができるのです。一方で、消費者金融は業者の数がとても多く、サービスが多種多様です。返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、短期の利用には最適です。

鹿児島県プロミスお役立ち情報

\今すぐ借りるならプロミス/

鹿児島県で今すぐお金借りるなら↓