プロミス審査甘い

\プロミスで今すぐ借りるなら/

トップページ

プロミスで一番早く確実に借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホでのネット申込が最短の借り方です。最短即日融資をご希望のお急ぎの方は必見です。

「早く借りたい」「バレずに借りたい」ならプロミスでのWEB完結申込がおすすめです。

プロミスの<3つ>の特徴

■郵送物なしでバレない!

スマホなどWEB申込で口座振替による返済であれば、郵便物なしで借入できます。 口コミでは、郵便物で家族にバレてしまったという声がとても多いので、誰にもバレずにプロミスで借りたい人におすすめです。

■即日審査・即日融資OK!

プロミスの魅力はなんといっても審査の早さ!審査結果は最短30分で回答、WEB契約で口座振替による返済を選択すればOK。瞬フリサービス※では、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングを利用できますよ。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座登録が必要です。

■カードなしキャッシング!

プロミスならカードなしでの借入も可能です。カードレスのメリットは余計な手間やカード郵送の時間ロスがないこと。 さらに、家族や友達にお財布の中のローンカードが見つかってキャッシングしてるのがバレるのを回避できるという嬉しいポイントも。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

スマホ申込で即日融資も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • 即日融資OK!
  • 振込キャッシング対応!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。 審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。パートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【WEB完結で来店不要!】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みから融資まで全て完結できます!必要書類の運転免許証はカメラで撮ってアプリからUPすればカンタンです。

プロミスの借り方まとめ

結論!「バレずに」「なるべく早く」キャッシングするならプロミスWEB完結申込がおすすめです!業界最大手という業者としての信頼性はもちろんのこと、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。プロミスなら今すぐスマホから申込できます!

プロミスQ&A

「誰でも私でも借りれる?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「急ぎなので即日融資できる?」

今すぐお金を借りたいという人におすすめのプロミスなのですが、初めてだとわからないことも沢山ありますよね? こちらのQ&Aでは、プロミスに関するよくある質問と答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいませ。

Q.コンビニでも借入返済できますか?

A.プロミス提携先金融機関のATMが設置されているコンビニであればできます。

一例を挙げますと、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料ですし、セブン銀行のATMではカードなしでスマホアプリのみで融資・返済も可能です。 手数料は必要ですがローソンやコンビニATMのEnetのほか、ゆうちょや大手銀行などでも可能となっています。

Q.プロミスはパートやアルバイト、契約社員など正社員じゃなくても契約できますか?

A.はい、できます!

プロミスの契約条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方」となっています。また、公式サイトでも、

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

とちゃんと表記されていますので、プロミスの審査に通ることができればしっかりと融資してもらえますよ。

Q.プロミスの審査では電話はかかってくる?職場への在籍確認の電話をなしにするのは無理?

A.プロミスの審査では在籍確認が必ずあります。

プロミスでカードローンの審査申し込みをしたら必ず在籍確認が行われます。申込者の審査時の申請で記入した会社が本当に存在するか、またその会社に在籍しているのかどうかの確認の為です。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?スマホ申込の場合はどうやって提出する?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みで、希望借入額が50万円以下であれば必要書類は運転免許証のみでOKです! スマホからの申し込みの場合はアプリで、契約時に必要な本人確認書類や収入証明書類を提出できますよ。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの案内を添付しておりますのでぜひ参考にして下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

プロミスの基礎知識コラム

私は個人事業主として数年前から生計を立てています。波のある仕事なので、良い収入が入ってくるときもありますしそうでないこともよくあります。ディスプレイにヒビが入って使い物にならなくなったので、大至急、代わりを用意するため、選択肢としてキャッシングを考えています。ローン審査に関する知識がなくて、わからずにいるのですが、アルバイト、正社員以外でも問題はないのでしょうか。キャッシングの返済では、借入額が高額なほど返済期間は長期となってしまう上に、利息の支払いも多くなるのです。負担を抑えるためにも、もしも余裕があれば返済日より前に返す繰り上げ返済をするのが賢い利用法でしょう。毎月、返済する金額は決まっているものですが、設定金額以上を返済していけば、無人契約機でのキャッシングの返済期間も長引かず、利息の負担を軽減できます。世の中でよく聞くキャッシングで返済をしなかったら差し押さえに遭うというのは本当のことなのでしょうか。私も実際にキャッシングを利用したことがあり、何度か滞納を経験しましたが、差し押さえになることはまったくありませんでした。繰り返し滞納をしたら差し押さえされるかもしれません。「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それは私文書偽造として刑事罰を受けるおそれがあります。もし金融機関での審査中にバレたとしても、会社的には被害届を出すか否かというと、微妙なところですね。実害があれば被害届が出されるでしょうし、ウソで審査に通ること自体、ありえないと考えたほうが妥当でしょう。第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。デメリットがあるのです。トクか損か考えるまでもないですね。キャッシングの返済は、業者ごとに決められている返済日のみに行われると思っている人も多いかもしれませんが、返済日以外にも借金の一部を支払って良いのです。このような返済方法を繰り上げ返済といい、金利は日割りで算出することができます。借入期間を短くすることで、元々の借入金を早めに返済できるため、今後の利息も減らすことができます。毎月でなくても、例えばボーナスの出た月などに繰り上げ返済を行っておくと、返済額のみならず、返済期間もかなり減らすことができるのです。クレジットカードをお持ちの方は、無人契約機でのキャッシング機能をご存知だと思いますが、その返済方法はほとんどの金融機関で一括払いとなっているはずです。クレジットカードのキャッシング枠はあくまで付帯サービスなので、活用している人は少ないかもしれませんが、用途をキャッシングだけに限定した専用のカードも使われています。キャッシング専用のカードは、ローンカードと言われます。クレジットカードの無人契約機でのキャッシング機能ですが、実際に無人契約機でのキャッシング枠が付くか否かはクレジット会社が審査するため、申請してみると良いでしょう。無人契約機でのキャッシングの選び方の一例ですが、仮に今後も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、身近な所に借り入れを考えている金融機関のATMの有無をチェックして、どの業者にするのかを決めてみてはいかがでしょうか。反対に、簡単には利用できないようにするために、あえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも間違いではないですが、返済もしにくくなることは忘れないでください。利便性を取るのか、リスクを避けるのか、どちらが自分にとって都合が良いのか考えてみてください。最近、無利息ローンが適応される特典がついたキャッシングが少なくありませんが、特典の対象かどうかは業者ごとに異なるので、事前に確認しましょう。とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点はきちんと調べず申し込む人が多いので、しっかりと確認するようにしましょう。なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?キャッシングは銀行がサービスを行っているものと消費者金融があります。銀行系の無人契約機でのキャッシングは法律によって定められた限度額の規制(年収の3分の1以下)がありません。ですから、例えば主婦の方で年収が無くとも、配偶者が安定した収入を得ていれば借入することが可能です。中小の消費者金融などのノンバンク系は、銀行系より圧倒的に業者の数が多くサービスの選択肢が多くなります。指定された期間内に完済すれば利息が付かないところもあるので、短期の利用には最適です。一言で言えば、キャッシングはゼロ収入の主婦でも可能です。例えるならば、無収入で、パートナーの同意が得られない場合であっても、借入総額の制限のターゲット外であるお金の貸与や預金を行う金融機関のカードローンであれば、パートナーに知られることなく借入をすることができます。

プロミスお役立ち情報

\今すぐ借りるならプロミス/

今すぐお金借りるなら↓