プロミス審査甘い

\プロミスで今すぐ借りるなら/

トップページ

プロミスで一番早く確実に借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホでのネット申込が最短の借り方です。最短即日融資をご希望のお急ぎの方は必見です。

「早く借りたい」「バレずに借りたい」ならプロミスでのWEB完結申込がおすすめです。

プロミスの<3つ>の特徴

■郵送物なしでバレない!

スマホなどWEB申込で口座振替による返済であれば、郵便物なしで借入できます。 口コミでは、郵便物で家族にバレてしまったという声がとても多いので、誰にもバレずにプロミスで借りたい人におすすめです。

■即日審査・即日融資OK!

プロミスの魅力はなんといっても審査の早さ!審査結果は最短30分で回答、WEB契約で口座振替による返済を選択すればOK。瞬フリサービス※では、24時間365日、最短10秒で振込キャッシングを利用できますよ。

※三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。

■カードなしキャッシング!

プロミスならカードなしでの借入も可能です。カードレスのメリットは余計な手間やカード郵送の時間ロスがないこと。 さらに、家族や友達にお財布の中のローンカードが見つかってキャッシングしてるのがバレるのを回避できるという嬉しいポイントも。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

スマホ申込で即日融資も可能!
評価限度額実質年率
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • 即日融資OK!
  • 振込キャッシング対応!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。 審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。パートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【WEB完結で来店不要!】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みから融資まで全て完結できます!必要書類の運転免許証はカメラで撮ってアプリからUPすればカンタンです。

プロミスの借り方まとめ

結論!「バレずに」「なるべく早く」キャッシングするならプロミスWEB完結申込がおすすめです!業界最大手という業者としての信頼性はもちろんのこと、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。プロミスなら今すぐスマホから申込できます!

プロミスQ&A

「誰でも私でも借りれる?」
「誰にもバレずに借りれる?」
「急ぎなので即日融資できる?」

今すぐお金を借りたいという人におすすめのプロミスなのですが、初めてだとわからないことも沢山ありますよね? こちらのQ&Aでは、プロミスに関するよくある質問と答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいませ。

Q.コンビニでも借入返済できますか?

A.プロミス提携先金融機関のATMが設置されているコンビニであればできます。

一例を挙げますと、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料ですし、セブン銀行のATMではカードなしでスマホアプリのみで融資・返済も可能です。 手数料は必要ですがローソンやコンビニATMのEnetのほか、ゆうちょや大手銀行などでも可能となっています。

Q.プロミスはパートやアルバイト、契約社員など正社員じゃなくても契約できますか?

A.はい、できます!

プロミスの契約条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社基準を満たす方」となっています。また、公式サイトでも、

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

とちゃんと表記されていますので、プロミスの審査に通ることができればしっかりと融資してもらえますよ。

Q.プロミスの審査では電話はかかってくる?職場への在籍確認の電話をなしにするのは無理?

A.プロミスの審査では在籍確認が必ずあります。

プロミスでカードローンの審査申し込みをしたら必ず在籍確認が行われます。申込者の審査時の申請で記入した会社が本当に存在するか、またその会社に在籍しているのかどうかの確認の為です。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?スマホ申込の場合はどうやって提出する?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みで、希望借入額が50万円以下であれば必要書類は運転免許証のみでOKです! スマホからの申し込みの場合はアプリで、契約時に必要な本人確認書類や収入証明書類を提出できますよ。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの案内を添付しておりますのでぜひ参考にして下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

プロミスの基礎知識コラム

キャッシングには審査があり、それを通過しないとお金を貸してもらう事は不可能です。個々の消費者金融で審査のラインは違うので一概にどのような事に注意すればパスしやすいとは言えませんが、年収が大変関係しています。消費者金融それぞれに審査基準には差異がありますが、大きな中小の消費者金融であればあまり大きな隔たりはないようです。大きな差があるのは中小規模の消費者金融です。銀行系列などの中小の消費者金融よりも審査基準が厳しい場合、あえて中小の中小の消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。一般的によく聞くキャッシングで支払いを怠っていたら差し押さえをされるというのは本当にあることなのでしょうか。実際に私もキャッシングの利用をしたことがあり、数回滞納をしたことがありますが、差し押さえされたことはただの一度もありませんでした。滞納を何度もしてしまったら差し押さえされてしまうのかもしれません。今では、無人契約機でのキャッシングはコンビニでも借入れできるものがいっぱいあります。コンビニのATMなどですぐにキャッシングができるので、コンビニに行くついでにお金を借りることが出来て、とても人気です。お金を返すのもコンビニから返せるという金融機関が増えていますね。カードローンを組むとなると心配事がいくつか出てくると思いますが、その中でも一番注意したいのは、即日カードローン会社が設定している金利ですよね。テレビCMを見ると分かるように普段、カードローンのコマーシャルをいくつか目にしていると思います。ですが、CMで流れている金利って、当たり前ですが、各社ごとに異なっています。金利が高く設定されていれば、そのぶん、利息も高くなってしまうため、金利を確認して、安いところを選ぶのが一番ですね。消費者金融はけっこう身近なものとなりましたが、その本質に変わりありません。消費者金融はいわゆるサラ金で、返済にめどがたたないと地獄に落ちるのは昔と同じといえます。ちょっとした出来心で無人契約機でのキャッシングに手を出してはいけません。借金するなら、「返済しないと重大なことになる」ことを心に留めて利用しましょう。大抵の人は、ある程度の出費に対する準備はしていると思います。それでも困った経験はありますよね。先延べも立替えもできないときには、キャッシングのことを思い出してほしいです。昔の派手なCMの代わりに、いまは健康的な女性タレントの登場も増え、すっかり健全なイメージが定着したせいか、初めてでもこだわりなく借りられるようになってきたと思います。困ったときに更に苦労しないためにも、スピード審査・スピード融資ができる会社で、あなたに合ったところをチェックしておくと安心です。生きていく上で生活から切り離せない金融機関では、さまざまな理由から利用限度額が違っており、よくある小口や即日などのパターンに限らず、数百万ほどの大口融資や長期計画的な融資でも場合によっては受けられるようになっています。申し込み後すぐ融資してもらえる流れができていて驚くほどすぐに現金が手に入れられるので、多くの人がたいへん便利に活用されています。何にせよ融資が必要な際はカードを利用するという方法が、一般的に広く知られています。お金を借りることは働いていれば、主婦にとっても利用することが可能となっています。収入を得ていない人は利用することができないので、何かの策を利用して収入と言われるものを持つようにしましょう。収入を得ていると判断されたら、主婦であっても一応利用できます。何かしらの方法を使って、お金の借り入れをすることをキャッシングといいます。具体的には、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方法や、キャッシング枠が設定されたクレジットカードから必要なお金を融資してもらうことを意味します。融資されたお金は利子が付くので、借入金額より返済金額の方が多くなります。審査が甘いクレジットカードを利用した場合にも言えることですが、支払方法を一回払いにしても実際に引き落とされるまでの日数で金利が発生しますから、気を付けておきましょう。

プロミスお役立ち情報

\今すぐ借りるならプロミス/

今すぐお金借りるなら↓